進学塾に通い始める年

ひと口に進学塾といっても、小学校のお受験から中学受験、高校や大学の受験と、目指すところがまるで異なります。
小学校受験はごく限られた人がすることとはいえ、中学受験者は年々増えており、高校受験は基本と考えてもいいくらいです。
ただ、どの時点で進学塾に通わせるかということよりは、それぞれの進学塾に何歳から通わせ始めるかのほうが悩ましいと考えている保護者の方が多いのではないでしょうか。


例えば中学受験なら、小学校の過程が6年間あるなかで迷い続けることになるでしょう。
早すぎても子供に負担がかかるのではないか、かといって5年生や6年生からでは遅くないかと、多くの人が悩んでいます。
生徒によっては、4年生から進学塾に通っていても、中学受験に失敗してしまうケースがあります。
子供の出来が悪かったというよりは、指導方針と相性が悪かったりする場合が多いでしょう。
逆に、高校受験や大学受験では、3年生になってから初めて塾に通い始めて目標を達成する生徒も少なくありません。


そうはいっても、世間では平均的にどのくらいで進学塾に通わせ始めたら受験に成功したという相場があります。
中学受験なら小学4年生から、高校受験や大学受験なら最低でも2年生からなど、多くの人が前例を見習っているのです。
まずは、自分の子供の学力と目標を把握してから、進学塾に通わせる時期を見計らうことも大切です。
世間の子供と自分の子供の学力は、別々に考えてあげるのが、保護者の務めでしょう。


▼特集▼
進学塾だけでなく学習塾の塾講師の募集もしている求人サイトです → 塾講師